<PI>ビジュアルエディタの編集ボタンの種類を増やす【TinyMCE Advanced】

2016/04/08

<PI>ビジュアルエディタの編集ボタンの種類を増やす【TinyMCE Advanced】

ワードプレスでブログ

たのちんではたくさんの便利なプラグインを利用させていただいています。

実際に使っている、または使っていたおすすめのWordPressのプラグインをご紹介します( *´艸`)

たのちんでは今のところ動作不良や不具合などは起こっていないと認識していますが、どなたの環境でもそれを保証するものではありません。

  必ずバックアップやローカル環境でチェックを行ったうえで実施してください。

たのちんではトラブルに対する責任を負うことはできませんので、ご自身の判断の元で便利に快適に楽しくご活用ください(∩´∀`)∩♪

スポンサーリンク

ado

 

【プラグイン】TinyMCE Advancedとは

TinyMCE Advanced」は、WordPressのビジュアルエディタの機能を強化して記事を書きやすくするために必須のプラグインです。

WordPressのいいところは、HTMLなどの専門的な知識がなくてもブログを書くことができることですが、標準装備されている編集ボタンだけでは少し足りないのでこのプラグインを使って補充します。

TinyMCE Advanced の機能

ビジュアルエディタのツールバーに、必要に応じて編集ボタンを追加したり削除したりできます。

 

プラグインのインストール

設定の前に、まずはプラグインのインストールと有効化をすませておきます( *´艸`)

 

プラグインの使い方

「TinyMCE Advanced」を使わなくても普通に記事の作成はできます。

v1

しかし、初期のツールバーの中には、

 icon-angle-right 表を挿入したり
  文字のサイズを変えたり
  画像の編集や動画の挿入をしたり

するボタンが入っていません。

「TinyMCE Advanced」を使えばツールバーに置くボタンの設定ができます。
使うものを追加して使わないものを削除するなど使いやすく編集をします。

まずは、管理画面の左サイドバーから「設定」→「TinyMCE Advanced」をクリック。

v2

設定画面が出ます。

ボタンの配置が視覚的に確認できます。
上半分のボタンが使うもの、下側のボタンは使わないものです。

  ドラッグ&ドロップで入れ替えをして、使いやすい位置に配置します。

v3

ちなみにたのちんで採用しているボタンは以下のようなものです。

ボタン 名前 機能
v11  太字
 イタリック
 下線
 打ち消し
 文字の装飾をします
v12  テキスト色
 背景色
 文字の色を装飾します
v13  番号なしリスト
 番号付きリスト
 リスト表記したいときに使います
v14  左寄せ
 中央揃え
 右寄せ
 文字の配置を寄せたいときに使います
v15  インデントを減らす
 インデントを増やす
 段落を増やしたり減らしたりできます
v16  リンクの挿入/編集
 リンクの削除
 リンクを貼るときや外すときに使います
v17  取り消し
 やり直し
 編集を前に戻したり先に進めたりします
v18  ツールバー切り替え  このボタンは削除できません
 ツールバーの上段右端に配置しないとエラーが出ます
v19  段落  見出しタグをつけます
v20  フォントサイズ  文字のサイズを変更します
v21  引用  他サイトなどから引用させてもらうときに使います
v22  横ライン  仕切り線を入れます
v23  テーブル  表を挿入します
v24  画像の挿入/編集
 動画を挿入/編集
 画像や動画の挿入・編集をします
v25  書式設定をクリア  変更した書式設定を元に戻します
v26  フルスクリーン  画面いっぱい入力画面になります

 

設定の続きを行います。

以下のふたつにチェックを入れます。

 icon-check-square-o Stop removing the <p> and <br /> tags when saving and show them in the Text editor
  Replace font size settings

段落の設定や改行の不具合を防いでくれたり、フォントサイズをピクセルで設定できるようになります。

設定が終わったら保存を忘れずに行いましょう。

v4

完成です( *´艸`)

v5

たのちんではこのように設定していますが、使うボタンはさまざまだと思うので使いやすいようにカスタマイズしたらいいと思います。

おつかれさまでした(*´ω`)

 

たのちんが採用しているプラグインの一覧はこちら

 

-ワードプレスの使い方
-