15>賃貸をオーダーメイドするために繁忙期の賃貸業界を考える

2016/05/04

15>賃貸をオーダーメイドするために繁忙期の賃貸業界を考える

オーダーメイド賃貸住宅

オーダーメイド賃貸の実現のために動きはかけているものの、なかなか進み具合はスローリーで少し心が折れそうな、たのちん管理人なむ。

これから賃貸住宅業界は1年で一番忙しい時期に入ります。

オーダーメイド賃貸には少し逆風なこの時期…もう少し待機時間は続くかもしれません。

 

スポンサーリンク

ado

 

謹んで新年のご挨拶を申し上げます

2016saru

1月13日です。笑

Nさんは(というかH社さんは、ですね)折にふれておハガキやニュースレター(お知らせとか会報誌みたいなもの)を送ってくださるのですが、御多分に洩れず年賀状も送ってくださいました。

前にも書いたかもしれませんが、ささやかな心配りがうれしいです。

あ。
わたしのこと忘れてなかったのね♪

みたいなw

印刷オンリーじゃだめですよ。

ちょっと一言手書きで添えてあるのがミソです。

お決まりごとのビジネスレターかもしれませんが(というかそうなんですが)地味に効いています。笑

年賀状や暑中見舞いなどの時候のご挨拶は定例でできるのですが、お礼状やちょっとしたご挨拶みたいなビジネスなんだけどビジネスオンリーでないビジネスレター(長いw)は、なかなかできません。

 icon-angle-double-right その昔、毎月大量のハガキを自腹で購入してお客様にサンクスレターをしていたスーパー営業マンを思い出しました。

地味(失礼)にせっせと書いていました。

わたしは「いつも大変だなあ…」と眺めていました(お前もやれw)。

でもすごく効いていたんでしょうね。
なにしろスーパー営業マン自腹で買っていましたから。

ちょっと言い回し違うかな?

効いているというか…。

お客様がそうとは認識しないくらいほんの少しだけ負い目?みたいなものを感じるのかもしれません。

年賀状だったら返信しますから「もらった・あげた」でチャラになりますけど、そうじゃないハガキをもらったお客様はそれに対して返信はまずしないですよね。

基本受け取りっぱなしです。

次回会ったときなんかに「こないだハガキありがとうね」くらいは言うかもしれませんが、なんとなく「してもらった感」が残るのかもしれません。

そのなんとなくほんのりした引け目感が、次の機会に「じゃあ今度は僕がなにかしてあげよう」になるのかもしれません。…たぶん。

なにしろスーパー営業マン自腹で買っていましたから(2回目)。

 icon-angle-right たいしたことしてないですけどね ←悪

 icon-angle-right ハガキだけでそうなるわけないですけどね ←悪

 icon-angle-right それまでの素地があってこそだと思いますけどね ←正

そんなことを、Nさんからいただいた年賀状を眺めながら思ったわけです。

 

そして。

わたしは本日メールでNさんに年始のごあいさつをしました。

おそいw

しかもメールってw

ヒトとしてどうなのw

ということで、新年早々わたしはガッツリ負い目をしょってしまいました。

もし今後Nさんがなにかポカしてしまったとしても、

「なにさらしとんじゃワレェ~!なめとんかコラァ~!ドタマかちわるど~!!」とは言えなくなってしまいました。

「そっかー。そうですよねー。仕方ないですー。うふふw」と言うしかありません。

年賀状って効果絶大ですね♪

 

てゆうか、なんなんでしょうね。

この本当にどうでもいい年賀状エピソードw

なんで年賀状もらいましたってだけのことを、こんなにダラダラダラダラ書いてしまうのか自分でも謎。

飲み会で話題がなくてシーンとなって困ることはないなむですが、ブログという「読んでもらう」ことが必要な媒体において、冗長で無駄なセンテンスは読者さんに優しくないですよね…。

気をつけます…。

けど…。

むりかもw

 

ということで、年が明けました。

 

賃貸住宅業界は死ぬほど忙しい繁忙期に突入しますね

tokei2

さあ、明けたら賃貸業界はにわかに浮き足立ってきますよね!

11月からクリスマス商戦が始まるように、寒くなる前に冬物バーゲンが始まるように、年々商戦期は前倒し前倒しされてきていて、賃貸業界も11月12月からネット広告に力を入れ始める仲介さんもいらっしゃいます。

すごい早いなwと思います。

でも、そうでもしないと勝てなくなってきているんでしょうね…。
仲介店はフローの商売ですから仕方がないのでしょう…。

が、それでもやっぱりマジで本気を出し始めるのは1月からですね(どっちやねんw)。

賃貸の仲介が本業の会社さんは春の繁忙期(1~3月)で、年間売上の半分稼ぐって言いますからそれはそれは忙しいと思います。

大家さんもそこに照準を合わせて、工事を早めたり近隣の新築情報を集めたりしてなんとか春に満室にできるように準備されていることと思います。

引越しが必要な入居者さんが即入居できるようにキチンと物件を整えて、募集広告などの準備も万端にして、あとはその物件にハマる入居者さんをテトリスのように超速で嵌めていく…。

 icon-caret-right 賃貸仲介業は手数料商売ですからね。

契約できなければ一円にもなりませんから、即契約できるお客さんが優先になることは至極当然です。

そんなときに、わたしみたいな「すけるとんからお部屋つくりたいんです~。うふふw」みたいなテトリスのカタチすら決まってないようなハマらない客、構ってるヒマないと思いますw

  大家さんに対してもそうです。

なにもしなくても即入居してくれる入居者さん見つかる可能性がいちばん高いこの時期に「何百万もかかる追加工事してください、入居は工事が終わる2か月後で♪」なんてとてもいえない。

どんだけお花畑脳やねんwですよね。
ブッ飛ばされそうw
マジでw

さすがのなむも若干気が引けます。笑

 icon-hand-o-up それでもいいよ~、おいで~って言ってくれる大家さんがいらっしゃったら別の話なのですが…。|・`ω・)チラッ

4月までは物件探し難しいかな…。
どうかな?
そうでもないかな?笑

動き見ながらちょこちょこアクションできればいいな、とは思っています。

チャンスがあれば、ガッと動きたいと思います。

まだまだ始まったばかりの「オーダーメイド賃貸」完成までの道のりですが、今年もコツコツ記録していこうと思っておりますので、なにとぞよろしくお願いを申し上げます。

 

続きが気になる?こちらへどうぞ

 

-オーダーメイド賃貸住宅
-