4>賃貸をオーダーメイドするためにデザイン会社と打ち合わせた

2016/04/29

4>賃貸をオーダーメイドするためにデザイン会社と打ち合わせた

オーダーメイド賃貸住宅

オーダーメイド賃貸を実現するための第一歩としてデザイン会社さんに意気揚々と出かけていった、たのちん管理人なむ。

具体的にどういう手順を踏んでおこなっていくのか、わたしの希望や条件面も考慮に入れていただかなくてはいけないので、あれこれお打ち合わせさせていただきました。

さてどうなるでしょう?どきどきします。

 

スポンサーリンク

ado

 

オーダーメイド賃貸住宅実現のための打合せスタート

kousyou2

ちょんまげ兄さん、ちょんまげ兄さんと(心の中で)連呼していた方が、わたしの「オーダーメイド賃貸住宅」を担当していただける、デザイン会社Hの担当者Nさんでした。

実際本当に前回表記したような服装だったかどうかは、正直に申し上げて定かではありません。

Nさんのいでたちが、わたしの想像していたワークスタイルと少し違ったことによる衝撃で、わたしの脳内記憶が面白おかしい感じにデフォルメされているのかも…しれません(ごめんなさいNさん)。

 

とにもかくにも、オーダーメイド賃貸住宅を完成させるべく前向きなお打合せスタート。

よくよくお伺いすると、やはり基本的にはご自宅のリノベーションや店舗デザインがメインの会社さんです。まだお若い会社さんのようですが、住宅リノベーションの事例は結構あるようです。

 icon-check 賃貸住宅のリノベーション事例は、公開されているものだけで20件程度。

公開されている事例ですべてとは思えませんが、賃貸物件の工事で食べられるほど数があるようには思えません。

リフォーム工事店ではなくデザイン会社なので、原状回復工事を請け負うことは基本ないと思いますので、デザイン性を重視したリフォームやリノベーションをお声がかかったらやるという感じなのかもしれません。

担当者のNさんは元大手仲介会社の営業マンということで、賃貸住宅の事業スキームはご存じで、そこは話が早くてとても助かりました。

賃貸オーナーさんとお話をさせていただくのに、賃貸住宅経営のスキームが全く分かっていなければ話がかみ合いませんし、響くトークができません。

聞くと「オーダーメイド賃貸住宅」は商品化してはいるものの、まだ実績がないとのこと。

デザイン費や施工監理費もかかりますし、物件の価値を高めるリフォームでなければ意味がありません、そしてわたしの要望もあります。

  おおよそ300万~500万程度の工事費がかかりそうです。

事例がもうすでにあるのであれば話が早いと思っていたのですが、なかなかそう簡単に物事は進んでくれそうにはありません。

家賃の増額という形で結果的に工事費を負担するのは入居者なのですが、最初に大きな工事費がかかるリノベーション工事を二つ返事で了解してくれる大家さんは多くはありません。

通常リフォームやリノベーションは、大家さんが市場の状況を鑑みて必要に応じて行う大家さん主導のものですが、「借りる」ということが前提とはいえ、通常のリフォーム以上の費用がかかる工事の必要性を感じて納得いただく工程には困難も多いです。

0→1の仕事は困難も多いですが、その分自由度と楽しみも多いものですから、腰を据えて取り掛かろうと思います。

 

オーダーメイド賃貸住宅実現までの流れ

tejyun2

今後のおおまかな流れを教えていただきました。

 icon-caret-right この日打ち合わせた条件で、まずはH社さんが物件探しをしてくださいます。

  そして、物件の内覧(現地調査)を行います。

  わたしに異存がなければ、わたしの意向を反映させたリノベーション工事を行う前提で、オーナー様に交渉に行ってくださいます。

  オーナー様の基本合意がいただけた段階で、わたしとオーナー様で賃貸借契約を結びます。

  そして、具体的なプランニングに入り、工事を経て、入居とのことです。

 

具体的な物件探しは「申し込みと申込金の納入」をしてから、ということでした。

オーダーメイド賃貸をする前提での物件探し、オーナーさん探しをするために、H社さん(Nさん)に動いていただくための手付金のような費用だそうです。

たしかに、H社さんはオーナー様と工事の契約を結ぶまではタダ働きのようです。(仲介手数料は取るかも)

あちこち物件を探して、そもそも工事をするつもりがない可能性が高い大家さんの元へ出かけて行って、わたしのために300万なり500万のリノベーション工事を納得させて来なくてはいけない、結構ハードなお仕事をお願いすることになります。

まあ、その分決まれば工事で儲けてもらえるのでしょうが、もし決まらなかったり、わたしがやっぱりやーめたっ!などと言い出すと、完全に骨折り損のくたびれ儲けです。

お打合せを進める中で、その方法はどうかな?いけるかな?と感じることがなかったわけではないのですが、チームで進める仕事だと思いましたし、わたしもH社さんもお互い初めてやる仕事です。

trial and errorでやりながら前に進めるしかありません。

申し込みの費用は大金ではないので、快くお支払いします。
金額はいまのところは非公開にしておきます。

H社さんも、オーダーメイド賃貸住宅をなんとか形にしたいということで、早速物件探しを始めてくれることになりました。

 

細やかな心遣い…サンクスレター

thsnks2

お打合せから数日後、一枚のはがきが届きました。

いわゆる「サンクスレター」ですね。

ほんのちょっとのことですけど、ありがたいですね。
わかっていてもなかなかできないことです。

心配りに感謝です。

 

続きが気になる?こちらへどうぞ

 

-オーダーメイド賃貸住宅
-