1>自分好みの部屋を造りたい…オーダーメイド賃貸住宅との出会い

2016/06/04

1>自分好みの部屋を造りたい…オーダーメイド賃貸住宅との出会い

オーダーメイド賃貸住宅

オーダーメイド賃貸で理想のお部屋を創ってみたいと考えた、たのちん管理人なむ。

どうしてそう思ったのか、きっかけやお部屋探しのリアルな現実、そして「オーダーメイド賃貸住宅」との出会いを記録しています。

 

スポンサーリンク

ado

 

2015年…引っ越すことを決めた真夏のあの日

真夏の日曜日…

昼下がりの自宅賃貸マンションで、たのちん管理人のなむはエアコンもつけずに座卓に置いたノートパソコンで作業を行っていました。

なにをしていたのか…。

楽天市場で猫砂をネット通販していました。笑

猫砂 ひのきとおからの流せる猫砂(8L)[猫砂 ひのき ヒノキ ペット用品]

猫砂 ひのきとおからの流せる猫砂(8L)[猫砂 ひのき ヒノキ ペット用品]
価格:410円(税込、送料別)

 

期間限定ポイントもありまして。
早く使わないとポイントがなくなってしまうタイミングだったので、あれこれ物色していました。

休日の昼間、予定も彼氏もない三十路女のネットサーフィン中の格好なんて、大方ご想像の通りですが、そりゃあお世辞どころか盛りに盛ってもステキとは言えないもの…。

首のよれたTシャツに半パン、髪はぼさぼさのままひとつ結び、ビン底メガネに首には濡れタオル。

ピンポンとインターフォンがなっても居留守使うしか選択肢がありません。

そして、ベランダの掃出し窓は全開、扇風機は最強、しかし単身向けRC(鉄筋コンクリート)賃貸マンションの中部屋(203号室w)には風取用の開口はなく、まったく風が通り抜けない…。

玄関扉を開ければ通風できるのでしょうが、今のご時世女の独り暮らしで玄関全開にするわけにもいかず、開口部はベランダ側1面のみ。

無風です。

いや、正確に言うと、扇風機からの熱風。当然、頭がぼんやりするほど汗だくです。

暑い…。

ツライ…。

ミスクリックして、買うのやめようと思った補正ブラの注文ボタンを押してしまいました(愛用中)。

ナイトブラ 育乳 ノンワイヤー バストアップブラ ブラジャー バストアップ ナイトブラ グラマ…

ナイトブラ 育乳 ノンワイヤー バストアップブラ ブラジャー バストアップ ナイトブラ グラマ…
価格:2,808円(税込、送料別)

 

その瞬間、思いました。

もう、引越ししよう。

と。

 

(o・ω・o)ん?

……

唐突になんでそうなった??と思いました?
わたしもそう思いました。笑

エアコンつけろよwwwwwwと思いましたよね?
わたしでもたぶんそう思うと思います。笑

エアコンが設置されていないわけではないのでスイッチを入れればつきますし、フィルターの掃除もしているのでちゃんと涼しくなります。

わたしも、どうにもならないときにはつけるのですが、エアコンをつけるとどうにも頭が痛くなってしまって、「涼しい!快適!」よりも「ちょっとしんどい…」が先にきてしまう体質なんです。

できれば、少しくらい暑くても自然の風でひと夏を過ごしたいと思うエアコン嫌い…。

昭和の夏が好きです(意味不明)。

しかし、最近のRC賃貸マンションは機密度がとても高く、ベランダ側以外の3方向を壁と玄関扉で封じられたコンクリートの箱は夏の太陽の光をさんさんと浴びて蓄熱し、とても暑い!!

もう限界だ…。

引っ越そう…。

3方向に開口部のある風通しのいい部屋に…。

と、思ったのです。

それがすべての原因というわけではありませんが、うすらぼんやりする意識の中でこの日、引越しを決めました。

 

探してみた…ステキな部屋探しはスーモからw

kensaku

引越しをしようと思ったら…まずは物件検索ですよね♪

スーモだ。スーモ。

もちろんスーモじゃなくてもいいですよ。笑

HOME‘Sでもat homeでもいいです。

いまや部屋探しはこうした不動産ポータルサイトなくしては成り立ちませんね。

雑誌が主流だった時代はどこへやら…。

雑誌の営業マンが、部屋探しをする人は一覧性と比較検討しやすい紙媒体から離れない!と力説していたあの頃は今w

そして今はネットはネットでも、スマホからの流入がグングン伸びているそうですね。

情報の入手速度と経路がどんどん短くなっていることを実感します。

物件検索ポータルサイトについてもしゃべりたいこと山ほどありますけど、また無駄に長くなるのでいつかの機会に譲るとして、引越しを思い立ったわたしは早速条件を入力して検索ボタンをポチリ。

 

  • 希望の沿線(すべての駅選択)徒歩10分以内→電車通勤だから
  • 家賃8万円以下→幅をもたせて今の部屋の家賃(5.8万)+2万
  • マンション→アパートは音がやっぱり気になる
  • 専有面積45㎡以上→必須。狭いのやだ
  • 駐車場有→車があるから
  • システムキッチン→ガスコンロ買いたくないから(引越しのたびに買い換えて懲りた)
  • ペット相談可→ねこ2匹必須。りゅんとゆきが困る
  • 間取りタイプ・築年数は指定なし→妥協できる

さあ何件出てくるかな~♪

…14件でしたw

一応全部見ました…。

けど…。

 

  • 小型犬1匹のみ可→却下(ねこだから)
  • 和室2間→却下(ねこだから)
  • ボロすぎる→却下(レトロならいいけどただ汚い)
  • よくある中古物件→わざわざ引っ越したくなる魅力ゼロ

検索条件を見直しました。

 

  • 希望の沿線(すべての駅選択)徒歩10分以内→ナシに。自転車買うか車通勤か考えよう

326件出ました。

少し多すぎるので条件変えました。

 

  • 家賃8万円以下→6.5万以下

39件出ました。

が、やはり、あっ!と思う物件はありませんでした…。

こんな物件とか…

chintai1

こんな物件

chintai2

*写真はイメージです。

その他にもいろいろ条件を変えて検索してみましたが、なかなか掘り出し物というヤツには出会えませんね。

そもそもウチにはねこが2匹いますから、それだけでハードルが高いのも事実なんです。

そして。

今住んでいる部屋が条件面は割といい住まいで、見る目が辛くなっているのも事実ですね。

新築から入居してますし、駅もイオンも徒歩10分以内、40㎡少ししかありませんが、ねこ2匹可で、家賃共益費駐車場も含めて75,000円以内。

もう今の部屋には長く住んでいるので、気持ち的には飽き飽きですし夏の灼熱地獄で頭が煮えているのですが、比較すると、引越しにかける手間と時間と費用に見合った新生活が送れるのかどうかで逡巡する物件ばかりです。

家賃などの固定費はもう少し出してもいいので、「ビビッとくる部屋はないかな~…」と散々探しました。

賃貸リノベーション 名古屋」で検索をしてみると、デザイナーズ賃貸マンションやリノベーション物件をメインで紹介している物件サイトも出てきました。

オシャレな物件…

chintai4

探せばあります…

chintai5

*写真はイメージです。

キタコレ!と思いましたが、今度はねこがネックになりました。
そもそもの絶対数が少ないうえに、デザイナーズやリノベーション部屋でねこが飼える部屋は皆無でした…。

 

買うことが一瞬頭をよぎった…けど即断念

まあですね。

なんといってもわたしもこの業界短くないですし。だいたいわかっていましたよ、こんな感じなのは。

……

な…、泣いてなんかないっ!泣いてないんだからっ!!

あんまりにもいろんな条件で検索しまくって指紋がなくなりかけた頃、あっ!と目に留まる物件写真は中古マンションのリノベーション部屋ばかりになっていました。

中古マンションと言っても賃貸じゃありませんよ。

分譲マンションです。

新築や築浅はそのままでも充分に使用に耐えますが、築20年を超えはじめる中古分譲マンションは設備もガタがきていますし、リフォームをしないと住み心地はよくないです。

そんな中古マンションは好立地の物件がお値ごろ価格で市場に流通しているので、リノベーションすることを前提にして購入される方がとても増えています。

リノベーションという言葉がよく聞かれるようになってきたのはいつ頃だったか…。

5~6年くらい前でしょうか?もう少し前かな?
当初は正直、リフォームとリノベーションの違いがわかりませんでした。

見れば確かに、部屋はキレイになっているんです。

古くて暗い3DKが明るく広い2LDKになってはいますが、なんていうか新築もどきの一応新品に替えたよリフォーム…。

当時はこのようなリフォームをリノベーションと呼んでいました。下のようなイメージです。昔ながらの2部屋和室をつなげて広いLDKにしたりする工事です。

 icon-arrow-right BEFORE

chintai7

 icon-arrow-down 

  AFTER

chintai9

*写真はイメージです。

それが今はすごいです。

需要の拡大とともに、優れたデザイナーさんや施工業者さんが世に出てこられた、または、力をつけてこられたのだと思います。

一瞬でステキ!こんな部屋に住みたい!と思わせるリノベ部屋が増えてきました。

リノベーション
 
リノベーション
 
リノベーション

 

ステキ…。

こんな部屋で心地よく暮らしを楽しみたい…。

仕事もはかどるよね…。

ねこもたのしい…。

…買うか。家。

と一瞬思いました。

そして、買うならココに住んでこういう工事を施したい…と、物件の検索や概算の工事費用を見積もってみると、どんなに安く見積もっても、2000万以上かかるw

だって買うとなったら妥協できませんし…。笑

先行き不安なアラフォー女子がおいそれと簡単に組めるローンの額じゃなーーーいwww

さらに中古マンションは、管理組合がしっかり機能していないとメンテナンスが不十分な場合があるし、築20年以上となると金食い設備たちが続々壊れだす時期。笑

想定外の出費や管理費の増額もありえるし、賃貸なら当然かからない固定資産税も必要だし、なにより土地に縛られるのがイヤだ!

即座に断念しました。涙

 

オーダーメイド賃貸住宅との出会い

diy

そんな感じであれこれリノベーション物件を見ているうちに見つけたんです。

「オーダーメイド賃貸住宅」

というワードを…。

いや、正確に言うとワードは知っていました。
が、聞いたことがあるレベル。
分かってはいませんでした。

*参考:オーダーメイド賃貸住宅のパイオニア:ロイヤルアネックス

まだ、「オーダーメイド賃貸住宅」という言葉自体に明確な定義が定まっているわけではないようです。

スケルトン賃貸と呼ばれることがあったり、費用負担の方法もさまざまで、いろいろな意味合いで使われているケースもあり少し曖昧ですが、たのちんが考える「オーダーメイド賃貸住宅」が通常のリフォーム・リノベーションと大きく違う点は、

 

  1. 入居者が決まってからリフォームをする
  2. 入居者の意向を聞いてリフォームをする
  3. デザイナーが介在する

の3点です。

通常の賃貸リフォームの場合、入居者を募集する前にリフォームしますよね。

 icon-caret-right リフォーム完了→内見→入居という流れです。

そして、部屋の意匠は管理会社の社員やオーナーが自ら考え、工事は賃貸リフォームを専門でやっているクロス屋さんや大工さんがやります。

  その結果、ダサイ部屋(失礼)が完成します。

わたしは仕事柄、補修前の部屋も、原状回復部屋も、なんちゃってデザインリフォーム部屋も、リノベーション部屋もたくさん見てきました。

 icon-angle-double-right シロウトが企画して作った部屋にカッコイイ部屋はありません(断言)。

プロにお金を払って行っていただく仕事はやはりそのお金だけの価値があるということでしょう。

  シロウトなのにカッコイイ部屋が造れる方は、ちゃんとお金(デザイン料)もらった方がいいです。

価値がありますから。

現状、賃貸のリフォームにデザイナーが絡む機会はほとんどといっていいほどありません。
しかし、リノベーションにおいて内装デザインの重要度はかなり高いと思っています。

同じ費用をかけても工事の中身がガラッと変わってくるからです。

 icon-check なぜ、賃貸のリノベーションにデザイナーはいないのでしょうか?

考えられる理由は2つ

 

  1. 賃貸リフォームとは原状回復のことであり、デザインは必要なかった
  2. デザーナーを使う文化がない。そのため予算が見込まれていない

賃貸のリフォーム・リノベーションが注目され始めたのは、まだここ数年のことです。
これまでは、古くなったり壊れたものを既存品と同等品に交換するだけの原状回復のニーズしかありませんでした。

それが、空室の増加とともに競合物件との差別化を図るためのデザインリフォームに変化していきましたが、管理会社や大家自ら知恵を絞るくらいで、まだまだデザインの専門家を使ってリノベーションを行うというところまで至っていません。

オーダーメイド賃貸住宅はこの「常識」も変えていくところが、チャレンジングです。

基本的な役割分担は、

 

  1. オーナー…できることできないことの明確な指示と工事費を出す
  2. デザイナー…入居者の意向を反映した上でコストを考慮したステキな部屋を造る
  3. 入居者…自主的に企画に参画し住みたい部屋の要望を伝え、感謝して長く暮らす

わたしの中ではこんなイメージです。

当事者みんながプロジェクトの成功のために主体的に動くことができないと、実現は難しいかもしれません。

  オーナーさんがあいまいな立場ではまず話になりません

なにか課題が出てきたときに「お前がやれって言ったからやったんだろ」などと後から難癖つけられては、企画者は立つ瀬ありません。

プロジェクトのリーダー(決定権者)はあくまでも物件の所有者であるオーナーさんですね…。

  デザイナーが自社の利益ばかりを考えていてもうまくないでしょう

賃貸住宅は実需と違い、どうしても使えるコストに限界があります。

また、芸術作品でも趣味でもありませんから、コストに制限のある中で最大限入居者の意向を聞き、その上で退去後の原状回復費用がかさまない工夫や、次の入居者のことも考えたプランニングを行う必要があります。

  最後に大事なのは入居者の主体性です

主体的に企画に協力ししっかりと自分の想いを伝え、自分の豊かな暮らしのためにオーナーが多額の予算をかけてくれていることに感謝して、キチンと家賃を払って住む必要があります。

3者がチームとして活動しなくてはなりません。

人任せや自分の得だけを考えていては成功につながらない気がしています。

*参考:地方都市から賃貸革命、静岡発「オーダーメイド」でつくれる賃貸物件
*参考:入居者の希望がどんどん実現!? オーダーメイド賃貸って何?
*参考:賃貸システムの新潮流「オーダーメイド賃貸」って何?

 

続きが気になる?こちらへどうぞ

 

-オーダーメイド賃貸住宅
-