「 No.1空室リスク 」 一覧

テナントリテンション!今日からできる具体的な6つ+1の方法

テナントリテンション!今日からできる具体的な6つ+1の方法

他業種では当たり前にやっているお客様の囲い込み。賃貸バージョンであるテナントリテンションについてあれこれと考えてみました。実際にはどんなことをやっているのでしょうか?入居者さんに長く住んでもらうための具体的な施策について考えます。

テナントリテンション!満室経営を続ける大家さんのための新手法

テナントリテンション!満室経営を続ける大家さんのための新手法

必死に入居募集活動をして、なんとか無事に新しい入居者さんをお迎えすることができました。あとは毎月家賃の振込みを待つだけならいいのですが、そうもいかないのが賃貸経営。長く住んでもらうために行う「テナントリテンション」について考えます。

入居募集の鉄則その3.ウラを読め!募集活動にはコツがある!

入居募集の鉄則その3.ウラを読め!募集活動にはコツがある!

市場調査から商品化が完了して部屋を借りてもらえる準備は万端ですね!ここでやっとスタートライン。入居を仲介してくれる不動産会社の力を借りて本格的に募集活動を行います。募集活動にもルールやコツがありますので、ひととおり確認してみましょう。

入居募集の鉄則その2.引く手あまた?売れる物件へ商品化しよう

入居募集の鉄則その2.引く手あまた?売れる物件へ商品化しよう

自分の物件と競合物件と、調査をしてみるといろんなことが見えてきます。集めた情報を元に、どこに手を入れる?どこで差別化する?どういう訴求方法で見せる?など、どうしたら入居者さんに選ばれるお部屋になるのか「商品化」について考えます。

入居募集の鉄則その1.市場調査なくして早期満室経営なし

入居募集の鉄則その1.市場調査なくして早期満室経営なし

賃貸住宅経営では、人が少なくなるということは事業の難易度が上がるということを意味します。ぼんやりしていたら競合物件にどんどんお客様を取られてしまいます。「どうしたら空室が早く解消されるのか?」その策をねるために、まずは現状をきちんと把握してみます。

マクロでみる空室対策!人口とストック戸数の推移から考えてみる

マクロでみる空室対策!人口とストック戸数の推移から考えてみる

賃貸経営で大事なのは、満室経営!空室対策!と、鼻息荒く息巻いてみても、単なる根性論だけではなかなか空室は埋まってくれません。まずは冷静に、人口・世帯・部屋の数などデータを参照して大局観をつかむところから空室対策について考えてみます。

めざせ満室経営!空室対策のキモは「入れて・出さない」の2本柱

めざせ満室経営!空室対策のキモは「入れて・出さない」の2本柱

賃貸経営にはいろんなリスクやトラブルの種があるなぁ…。といつも思う、たのちん管理人なむ。まず真っ先に思い浮かぶのは空室の発生による収入減のリスクですよね。大家さんがいちばん頭を悩ませる、空室対策について考えてみます。