「 月別アーカイブ:2016年04月 」 一覧

どこがいい?どこが悪い?大手賃貸保証会社5社を比較してみた

どこがいい?どこが悪い?大手賃貸保証会社5社を比較してみた

保証会社を上手に使えると、家賃滞納で大家さんが被るリスクの多くを肩代わりしてくれます。大家さんが自分で保証会社を選ぶことはあまりありませんが、どんな会社があってどんな特色があるのかは気になりますよね。保証会社大手5社を比較検討してみました。

滞納家賃回収のプロ!保証会社とうまくおつき合いするための注意点

滞納家賃回収のプロ!保証会社とうまくおつき合いするための注意点

保証会社に任せさえすればもう安心…と思ったら、思わぬ落とし穴が!保証会社がどういう仕組みで収益を上げているのか、どういう保証会社が危ない?危なくない?のか、そして保証会社を使う上でどういうことに注意しておいたらいいのかを考えてみます。

滞納家賃回収の基本!賃貸保証会社がやってくれることを知ろう

滞納家賃回収の基本!賃貸保証会社がやってくれることを知ろう

大家さんにとっても入居者にとっても、保証会社を使うことはメリットがあります。会社によって当然違いはありますが、保証会社の基本的な業務についてまとめてみます。サービス内容は変わっていきますので、情報が古くなっていたらご指摘ください。

滞納家賃回収の味方!賃貸保証会社の活用と利用価値を考える

滞納家賃回収の味方!賃貸保証会社の活用と利用価値を考える

滞納家賃の未収リスク回避のために重要な役割を担う連帯保証人。しかし滞納家賃の回収はデリケートな対人交渉も必要で、対応を間違えるとトラブルに発展することも…。ちょっと面倒なこれらの業務は「賃貸保証会社」にアウトソーシングすることができます。

滞納家賃を回収するには?連帯保証人の責任と求償について知ろう

滞納家賃を回収するには?連帯保証人の責任と求償について知ろう

滞納が発生したら大家さんは胃の痛い日々がはじまります。入居者自身に支払い能力がなければ、その債務は「連帯保証人」か「家賃保証会社」に請求していきます。まずは知っているようでそんなに知らない、連帯保証人の責任についてみてみます。

やるしかない!滞納督促業務の流れと気をつけておくポイント

やるしかない!滞納督促業務の流れと気をつけておくポイント

できるだけ家賃の滞納はしてほしくないですし、督促業務もなく平和に賃貸経営していきたいものですが、なかなかそうはいかないのが現実。滞納が始まってしまった際の督促業務の流れと、大家さんが注意しなくてはいけない点などについてまとめてみます。

できればやりたくない!家賃の滞納と督促業務の基本を知ろう!

できればやりたくない!家賃の滞納と督促業務の基本を知ろう!

賃貸経営は家賃収入が売上ですから滞納されていては何の意味もありません。督促業務はできればやりたくないイヤな業務です。できるだけやらなくてもいいように大家さんが気をつけた方がいいことと、知っておきたい督促業務の基本についてまとめてみます。

テナントリテンション!今日からできる具体的な6つ+1の方法

テナントリテンション!今日からできる具体的な6つ+1の方法

他業種では当たり前にやっているお客様の囲い込み。賃貸バージョンであるテナントリテンションについてあれこれと考えてみました。実際にはどんなことをやっているのでしょうか?入居者さんに長く住んでもらうための具体的な施策について考えます。

テナントリテンション!満室経営を続ける大家さんのための新手法

テナントリテンション!満室経営を続ける大家さんのための新手法

必死に入居募集活動をして、なんとか無事に新しい入居者さんをお迎えすることができました。あとは毎月家賃の振込みを待つだけならいいのですが、そうもいかないのが賃貸経営。長く住んでもらうために行う「テナントリテンション」について考えます。

入居募集の鉄則その3.ウラを読め!募集活動にはコツがある!

入居募集の鉄則その3.ウラを読め!募集活動にはコツがある!

市場調査から商品化が完了して部屋を借りてもらえる準備は万端ですね!ここでやっとスタートライン。入居を仲介してくれる不動産会社の力を借りて本格的に募集活動を行います。募集活動にもルールやコツがありますので、ひととおり確認してみましょう。

入居募集の鉄則その2.引く手あまた?売れる物件へ商品化しよう

入居募集の鉄則その2.引く手あまた?売れる物件へ商品化しよう

自分の物件と競合物件と、調査をしてみるといろんなことが見えてきます。集めた情報を元に、どこに手を入れる?どこで差別化する?どういう訴求方法で見せる?など、どうしたら入居者さんに選ばれるお部屋になるのか「商品化」について考えます。

入居募集の鉄則その1.市場調査なくして早期満室経営なし

入居募集の鉄則その1.市場調査なくして早期満室経営なし

賃貸住宅経営では、人が少なくなるということは事業の難易度が上がるということを意味します。ぼんやりしていたら競合物件にどんどんお客様を取られてしまいます。「どうしたら空室が早く解消されるのか?」その策をねるために、まずは現状をきちんと把握してみます。